自主制作した新曲の印税を被災地へ寄付 iwapt(イワプト)

 フィリピンのTVドラマなどで楽曲担当をしているインディーズミュージシャンiwapt(イワプト)が、今月23日に新曲「バスルーム」を各音楽配信サイトと着うたサイトでリリースしました。新曲の印税は全て東北太平洋沖地震の被災地へ寄付されるそうです。

 

 新曲はyou tubeで視聴することができます。自主制作とは思えないクオリティーの高さで、透明感と奥行きがあり、なんとも心を豊かにしてくれるような、とっても良い曲です。

 

  iwaptは日本トップのスタジオエンジニア達と楽曲を製作し続けてきており、今回の音響エンジニアには、矢野顕子や宮良牧子などを手がける日本のトップエンジニア赤川新一氏と小泉由香氏が参加しているそうです。

 

フィリピンで活躍している自宅録音ミュージシャンの小さな貢献

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

2011/03/28

トップページ
月別アーカイブ
免責事項

 当サイトで掲載した記事については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。詳細については各社の公式ホームページ等でご確認下さい。
 当サイトを利用して何らかの損害が発生したとしても、当サイトは一切の責任を負いかねます。